Home • 年間発電量を確認!太陽光発電で得られる電力の目安

年間発電量を確認!太陽光発電で得られる電力の目安

 - 

地域によって違いがある年間の発電量

太陽光発電の設置前に調べておいた方がいいのが、年間の発電量です。太陽光発電システムを設置する場所によって、発電できる量には違いがあります。太陽光発電による年間発電量で有利であるのは、全国平均よりも日照時間が長い傾向にある地域です。日本の各地域で日照時間の目安となる資料があるため、年間の発電量を見極める資料として使えます。一般的に雪が少ない地域は太陽を発電パネルで受けやすいため、年間の発電量が多い傾向にありますね。

発電効率の良いシステムなら多い年間発電量

太陽光発電システムによる年間の発電量は、どのような発電パネルを使用するかによって違いが生まれます。発電効率の良いモジュールを使用している太陽光発電システムの方が、年間の総発電量は多いですね。ただしスペック上は発電効率が良い太陽光発電システムであっても、メンテナンスを怠っていたり設置の方法が不適切であると、期待通りの発電量が得られないため注意を要しますね。発電量を増やすためには清掃や設置場所の変更が効果的です。

日照権が侵害され発電量が下がった場合の対策

自宅やオフィスに太陽光発電システムを導入する際には、周辺環境が発電に適しているか確認しましょう。日差しを遮る大きなビルなどの構造物が近隣に存在すると、発電パネルに十分な太陽の光を受けることができません。場合によっては太陽光発電システムの導入後に近隣にビルが建ち、その結果として年間発電量が下がるケースもあります。その場合、日照権を主張するために弁護士に相談すると問題解決のための糸口が掴めるでしょう。

太陽光発電に興味があるなら情報収集が決め手です。各メーカーによって、太陽光発電の価格が異なりますので、あらかじめ比較することが重要です。